出来事

語学留学の楽しさを味わってほしい

日本に暮らしていると、そんなに外国人が回りにたくさんいることってありませんよね。でも語学留学をすると、外国語の勉強になるだけでなく、外国人と交流する機会がたくさん増えます。考え方や価値観も自分のものとはだいぶ違うものだということに気づかされるし、世界がずっと広がるのです。

特に語学留学では、クラスメイトが多国籍メンバーになることがあります。色々な国の人たちと交流するのはとても楽しいです。もちろん、外国に暮らすということには困難を伴うこともあります。国際文化摩擦とか、日々の生活の中でも誤解が生じたり、日本で暮らしているときのように、「あ、うん」の呼吸というものはありえません。

常に自分をアピールしていかないと、その場にはいない人として扱われてしまいます。日本国内で美として扱われる謙遜なども、全く美にはなりません。遠慮などしていては、物事は全く進まず、そして相手の思うつぼでいいように扱われてしまいます。私は、なるべく若いうちに多くの人たちに海外留学をお勧めします。

親子留学でも良いですよね。留学中には国内や隣国などへの旅行もできますし、その地域について多くのことを学ぶことができます。これからの日本は人工が減っていくため、国内の力を強くするとともに、そういった外国との交流も普通にできるようになっておくこともとても大事だと思います。

今は、小学校高学年の英語導入が決まりましたね。ですから教師になる人達は必ず留学するべきだと思います。それだけでなく、ネイティブスピーカーを学校へ招くということにも力を入れたほうが良いでしょう。それは留学類似体験ができるからです。語学留学の際には、ホストファミリーを学校に見つけてもらい、現地の家庭でお世話になるのも良いでしょう。

危ないことがなく安心ですし、現地のことを色々教えてもらうことができます。慣れてきたら友達とアパートをシェアしても良いのですが、私の友達ではお世話になったホストファミリーといまでもお付き合いがある人もいます。留学は人生の中で大変良い経験となることでしょう。